INFORMATION

3月5日皮膚リーシュマニア症(CL)ウェビナーが開催されます。

皮膚リーシュマニア症(CL)は人々に苦痛をもたらし、地域社会に深刻な影響を及ぼします。生命を脅かすことはありませんが、皮膚の潰瘍や瘢痕は、社会的スティグマから人々の孤立や心理社会的病態につながる可能性があります。また、CLは紛争との関係もよく知られています。人道的紛争が進行し国内避難民や難民の移動が起きているトルコやレバノンのような国々では、CLの症例が増え大幅に拡大しています。

ウェビナーでは国際的に活躍する専門家から、CLが母子保健やメンタルヘルス、紛争状態における人道援助に及ぼす影響についてメッセージをいただき、必要とされる新しい治療法やワクチンの研究開発の最新情報をお伝えする機会とできればと思います。是非ともご気軽にご参加ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

More Information

INFORMATION LIST
  1. NCGMサテライトコース6期生入学式を開催しました。
  2. 「第41回日本国際保健医療学会西日本地方会」開催のお知らせ
  3. 第8回アフリカ開発会議(TICAD 8)公式サイドイベント:Digitalization of Maternal and Child Health Handbooks and Information:  Benefits to Mothers and Children and Contributions to Public Health in Africa
  4. 「進学説明会2022」を開催します。
  5. 北潔研究科長が5/29(日)放送大学:BSキャンパスex特集「感染症と人類~パンデミックを考える」に出演されます。

Archive

PAGE TOP