INFORMATION

熱帯医学研究所細菌学分野の児玉年央教授が令和3年日本細菌学会小林六造記念賞を受賞しました。

 熱帯医学研究所細菌学分野の児玉年央教授が,「腸炎ビブリオの病原性発現機構に関する研究」の業績について,令和3年日本細菌学会小林六造記念賞を受賞しました。
 細菌学および関連領域の研究において行われた優れた研究に対して贈られる日本細菌学会賞3賞のうち,小林六造記念賞は,日本細菌学会において積極的な活動を行うとともに,新しい着想や未開発の分野の研究を展開し,国際的にも高い評価を受けた独自性の高い研究成果を挙げ,研究のさらなる展開と学会の発展への貢献が期待される50才未満の研究者を奨励する権威ある賞です。
 令和3年3月24日(水)第94回日本細菌学会総会にて授与式(オンライン)が行われました。

More Information

INFORMATION LIST
  1. NCGMサテライトコース6期生入学式を開催しました。
  2. 「第41回日本国際保健医療学会西日本地方会」開催のお知らせ
  3. 第8回アフリカ開発会議(TICAD 8)公式サイドイベント:ウィズコロナ時代のNTDsマラリア対策~ヘルスケアインフラの構築を考える
  4. 助教(公衆衛生、又は公共政策関係)の公募を行います。
  5. 泡で世界を変える!スナノミ対策:10代のインベンターとのスペシャル・トークを実施しました。

Archive

PAGE TOP