INFORMATION

Archive for the ‘ 受賞・成果 ’ Category

当研究科の池上清子客員教授が平塚らいてう賞を受賞されました。

TMGH客員教授の池上清子先生が平塚らいてう賞を受賞されました。「平塚らいてう賞」は、男女共同参画社会の実現および女性解放を通じた世界平和に関する研究や活動に光を当てること、ならびに若い世代に対して平塚らいてう氏の遺志を継承していくこと…

本研究科長 北 潔 教授が第4回宮崎一郎賞を受賞しました。

本研究科長の 北 潔 教授が、一般財団法人 貝原守一医学振興財団(選考委員会:九州大学医学部寄生虫学講座同門会)から、第4回宮崎一郎賞を受賞しました。この賞は、日本における寄生虫学分野において顕著な業績を上げた研究者を表彰するものです。…

天皇皇后両陛下ご臨席のもと、本研究科長の北潔教授が日本学士院エジンバラ公賞を授与されました。

2021年6月21日(月)、日本学士院において、天皇陛下皇后陛下のご出席、英国大使列席の下、恩賜賞及び日本学士院賞、日本学士院エジンバラ公賞の授賞式が行われ、本研究科長の北潔教授に対し、昨年受賞が決定した日本学士院エジンバラ公賞が授与されま…

熱帯医学・グローバルヘルス研究科の北潔教授が、Asian Scientist Magazineの2021年版「アジアの科学者100人」に選出されました。

シンガポールの科学誌Asian Scientist Magazineがこのほど発表した「アジアの科学者100人」の2021年版に、熱帯医学・グローバルヘルス研究科研究科長の北潔教授が選出されました。今年で6回目となる「Asian S…

熱帯医学研究所細菌学分野の児玉年央教授が令和3年日本細菌学会小林六造記念賞を受賞しました。

 熱帯医学研究所細菌学分野の児玉年央教授が,「腸炎ビブリオの病原性発現機構に関する研究」の業績について,令和3年日本細菌学会小林六造記念賞を受賞しました。 細菌学および関連領域の研究において行われた優れた研究に対して贈られる日本細菌学会…

熱帯医学研究所のMoi Meng Ling教授が第4回日本医療研究開発大賞日本医療研究開発機構(AMED)理事長賞を受賞しました。

熱帯医学研究所のMoi Meng Ling教授が「第4回日本医療研究開発大賞 日本医療研究開発機構(AMED)理事長賞」を受賞しました。表彰式は令和2年12月24日(木)、首相官邸において菅義偉内閣総理大臣、関係閣僚等の出席のもとおこな…

本研究科長の北潔教授が「第67回桂田賞」を受賞しました。

 長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科の北潔教授が第67回桂田賞を受賞しました。桂田賞は寄生虫学振興に寄与し集大成された研究業績に対して(財)日本寄生虫予防会が顕彰する伝統ある著名な賞(昭和23年~)です。 北教授の受賞研…

当研究科修士課程国際健康開発コース1期生の宮崎あすかさんが2020年度日本国際保健医療学会奨励賞を受賞しました。

当研究科修士課程国際健康開発コース1期生で,現在長崎大学生命医科学域リプロダクティブヘルス分野助教の宮崎あすかさんが,2020年度日本国際保健医療学会奨励賞を受賞しました。受賞論文は,TMGH在籍時にカンボジアで行った修士研究の一部を論文発…

熱帯医学研究所寄生虫学分野の濱野教授が,顧みられない熱帯病(住血吸虫症)の迅速診断テストの開発等により,グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)から大型の研究資金を獲得。

顧みられない熱帯病(住血吸虫症)の迅速診断テストの開発等により,グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)から大型のグラントを獲得長崎大学熱帯医学研究所寄生虫学分野の濱野真二郎教授らのグループ…

本研究科長の北潔教授が日本学士院エジンバラ公賞を受賞しました。

令和2年4月6日,本研究科の 北 潔 研究科長 が,「熱帯病原性微生物の生存および拡散戦略の解明—寄生虫の多様な環境適応機構—」と題し,日本学士院エジンバラ公賞を受賞しました。同賞は,2年に1件,自然保護分野で特に優れた業績を上げた研究…

Archive

PAGE TOP