お知らせ

熱帯医学研究所細菌学分野の児玉年央教授が令和3年日本細菌学会小林六造記念賞を受賞しました。

 熱帯医学研究所細菌学分野の児玉年央教授が,「腸炎ビブリオの病原性発現機構に関する研究」の業績について,令和3年日本細菌学会小林六造記念賞を受賞しました。
 細菌学および関連領域の研究において行われた優れた研究に対して贈られる日本細菌学会賞3賞のうち,小林六造記念賞は,日本細菌学会において積極的な活動を行うとともに,新しい着想や未開発の分野の研究を展開し,国際的にも高い評価を受けた独自性の高い研究成果を挙げ,研究のさらなる展開と学会の発展への貢献が期待される50才未満の研究者を奨励する権威ある賞です。
 令和3年3月24日(水)第94回日本細菌学会総会にて授与式(オンライン)が行われました。

More Information

INFORMATION LIST
  1. Vogue Japan において,本研究科池上清子教授による国際ガールズ・デーに向けたメッセージが掲載されました。
  2. 令和3年10月1日(水)に熱帯医学・グローバルヘルス研究科の入学式が挙行されました。
  3. 熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野の森本浩之輔教授らが新型コロナワクチンの有効性に関する疫学研究について記者会見を実施しま…
  4. 2021年9月17日に熱帯医学・グローバルヘルス研究科の修了式が挙行されました。
  5. TMGH Special Seminar 2021「グローバルヘルスを志す人のためにーいかなる国際連携が必要なのかー」(…

アーカイブ一覧

PAGE TOP