修了生メッセージ

菅本 鉄広さん 国際健康開発研究科1年

    2013_2臨床検査技師として日本の病院検査室で5年ほど働いた後、青年海外協力隊に参加しました。帰国後、結核予防会に就職しパキスタン、カンボジア、ケニアで結核菌検査に関わる技術協力に携わってきました。しかし、振り返ってみると、多岐にわたる実践的な経験を検証し評価できる基本的な理論や知識に欠けていることに気づきました。さらに、現場で求められていることは検査技術そのものだけでなく、国方針の立案、事業計画の策定や人材育成など、幅広い視野で俯瞰的にマネージメントできる能力であると教えられました。ゆえに『もっと学びたい』という気持ちが本研究科を志望した動機になります。これから始まる二年間の学業は決して容易なものではなく、むしろ困難な日々が待ち受けていることでしょう。専門性の高い教授陣が集う長崎大学のユニークな本研究科で、クラスメイトと切磋琢磨しながら目標に向かって頑張っていきたいと思います。

PAGE TOP