修了生メッセージ

上村 知春さん 国際健康開発研究科1年

    2010_1、この分野に進もうと決意したきっかけです。私に何が出来るのか、何をしなくてはいけないのかを考えた末たどり着いたのが、長崎大学国際健康開発研究科でした。国際健康開発研究科における専門知識の習得と、その後の現場での研修というカリキュラムは国際保健の現場で携わっていくようになるために非常に有意義なものだと思います。私は文系・新卒である上現場での経験にも乏しく、入学当初は不安でいっぱいでしたが、先生方は丁寧にご指導して下さり、授業を理解することが出来ています。また、授業以外でも親身になって相談に乗ってくださり、このことで大変勇気づけられています。ここには医師・看護師・薬剤師・青年海外協力隊などのバックグラウンドを持つ学生がそろっており、彼(女)達と様々な情報、知識を共有できるのは本当に貴重なことだと思っています。このような環境の中で過ごすことが、「初心者の私でもやっていける」という自信につながっています。この2年間が、国際保健に携わっていくための貴重な第一歩になるように努力していきたいと思っています。

PAGE TOP