修了生メッセージ

佐多 玲子さん 国際健康開発研究科2年

    2009_6
    これを読んでいる皆さん、こんにちは。私は当研究科に一期生で入学できた幸運な(?)11人の一人です。ここに入学する前は協力隊に参加した後、臨床医として日本で働いていました。海外でのMPH 取得を考えていたとき当研究科が設立され渡りに船とばかりに受験し、今に至っています。“幸運な”と書いたのは別にリップサービスではなくこの研究科の設立、運営に関わった先生方や大学職員の方々がこの研究科と集まった私たちを一人前に育てようと一生懸命に試行錯誤してくださることや、その試行錯誤のいいところも困ったところも前向きに受け止め能動的に行動する同期生のバラエティの豊かさに接することができたことを本当に幸せに思うからです。1年目で理論を詰め込み、2年目の今現在は長期インターンシップとしてスリランカでJICA のプロジェクトに参加させて頂いています。やはり海外の大学院と比較すると英語力、交渉力が弱いと感じるのでそこを補強すべく毎日頑張っているところです。

PAGE TOP