修了生メッセージ

ヘルスイノベーションコース

Numair Tarek Abdelhamid Abdellatif Mohamedさん

graduates1I joined graduate school of Tropical Medicine and Global Health (TMGH) as a member of the MSc family – Innovative course. For two years, I have been learning the latest sciences in Global Health and medical sciences. I applied my gained knowledge to support and develop electronic health system in Egypt (my hometown country). All professors, colleagues and administrative staff supported us as students and as member of TMGH family. The learning experience in TMGH was professional, motivated, and inspiring as it enhanced my skills and abilities to think globally and in a comprehensive manner.
During my study, Professor Satoshi Kaneko (my supervisor) taught me a lot, not only science but also manners and way of thinking. Really, I am honored to learn from him a lot and to be one of the MSc graduates in TMGH. Such mixed educative family environment makes TMGH as a unique graduate school for Global Health pioneers.

井ノ口 美穂さん

graduates1過去に経験した国際人道支援活動を通しグローバルヘルスという観点は世界の災害や紛争、貧困に直面している人々の生活改善において主な懸念事項だと感じています。 本コースのプログラムでは地理的および経済的境界の限界を越えて、感染症および生活習慣病の分野における幅広いトピックを扱いながら基本的な知識やアプローチスキルを学ぶ機会を得る事が出来ました。
2年間のコースでは、熱帯医学やグローバルヘルスのさまざまな側面を学ぶための講義や実験研究を行う機会を得る事ができました。これらの経験は脆弱な集団への効果的な介入を行うために実験研究と臨床・地域社会間のより詳細で親密なやりとりが行われる必要性を強く感じると共に、その難しさも学ぶ機会となりました。また異なる国籍、専門、年齢、価値観を持つ級友や先生方との交流は違う集団に対し 必要とされる問題解決のための適切な アプローチ方法を考える機会ともなり、共に学んだ時間は大変 貴重な財産だと 感じています。
今後は国際人道支援、開発協力の分野において学び得た知識やスキル、経験を 所属組織や 介入を必要としている世界中の脆弱な人たちのために役立てていきたいと考えています。

PAGE TOP