修了生メッセージ

国際健康開発コース

松本 航さん 国際健康開発研究科1年

2012_3まず最初に皆さんにお断りしておかねばなりませんが、この文章を書いているのが入学後2週間程度であり、私自身あまり理解できていないため、コース全体の内容について詳しくご紹介出来ないことをお許しください。
海外での活動経験がない私にとって、初めて知ることが多く、日々の宿題をこなすのが精一杯で、授業についていくことが大変ではあるものの、非常に新鮮な気持ちで日々授業に挑んでいます。また同級生はそれぞれ様々な経歴を持っており、彼ら彼女らの話を聞き、物事に真剣に取り組む姿勢を見ることだけでも、大変刺激になります。
2年間の間に授業を受けるだけでなく、長期インターンシップを行い、課題研究を行い、と目一杯詰め込まれているスケジュールですが、まなぶにはとても良い環境であり、とても良い経験が得られそうと期待に胸ふくらませている現在の私であります。

新野 真理子さん 国際健康開発研究科1年

2012_2私は以前から海外で働いてみたいという希望がありました。看護師として6年間病院で経験を積んだ後、ラオス国に青年海外協力隊、看護師としてボランティア活動に参加しました。日本に帰国後、看護の大学院に進学するかも迷いました。しかしラオスでの経験から健康問題は社会的、経済的、文化的な様々な要因が絡みながら起こっている事を知りました。それを振り返り、私は健康に問題を抱える方が多くいるところで人の健康を支える保健システムづくりの事や地域全体の健康レベルを向上させる為に必要なことを改めて学びたいと考えるようになりました。長崎大学は高い専門知識と幅広い経験を持った教授陣がおられ、かつ大学内にはとどまらず多方面から国際の分野で活躍されている先生方がこられて教鞭をとられるということで、学びを深め再度国際保健の分野で仕事をしていくのであれば、非常に恵まれた環境であると思い受験しました。そして今、入学してみると、同じような志を持った仲間に出会うことができ、非常に良い刺激になっています。出会えた先生方、先輩、クラスメイトに感謝しこの2年間で精一杯学んでいこうと思っています。

後藤 久美子さん 国際健康開発研究科1年

2012_1私は、青年海外協力隊として2年間ガーナでエイズ対策として活動していました。帰国後は、九州海外協力協会に所属し、開発教育支援事業をしておりました。その中で、自分の2年間の協力隊での活動を振り返り、もう一度国際保健の分やで活動したいと思うようになり進学を決めました。もともと医療のバックグランドを持っていない私ですが、熱帯医学や疫学、医療文化人類学など私にとって新しい世界ばかりです。これまで見てきた開発途上国での保健問題を多角的な面から考える場となっています。また、相談には何時間でも付き合ってくれる熱い熱い先生方、またそれぞれに違う分野をもったクラスメートとともに学生生活を送れることに感謝感謝の日々です。2年目からは、実際に開発途上国での長期インターンシップと研究が入ってきます。アフリカで再び活動していきたいと思っていますので、1年目の学校生活から多くのものを得、実践へ役立てるよう頑張っていきたいと思います。

鶴岡 美幸さん 平成23年3月修了

2011_3”オールスター教授陣!”これが研究科の一番の特徴です。非常に贅沢な講義に参加出来ます。学びの手法と言うものは、ひとそれぞれの好みや得意な方法があるのでしょうが、魅力的な講義での学びは強烈な印象となります。研究科のもう一つの特徴は、とても欲張りなカリキュラムという点です。座学で学んだ後、長期インターンシップでは実務経験を積みながら研究も行います。頑張るもよし、自分の経験やペースに合わせて取捨選択するもよし。また、互いに似ているようでいて各々の個性がひじょうに強い学生との出会いも貴重な財産です。
国際保健という分野において、自らをどの立場に置きどのような活動をしようか?というテーマに正解はありません。正解のない問いに自分なりの答えを見出すためには、豊富な知識と経験を要します。このテーマに真摯に取り組む覚悟を決められた。私にとってはそんな二年間でした。

小山 佳那子さん 平成23年3月修了

2011_2私は現在NGOに所属し、海外プロジェクトを国内からサポートしたり、新規事業形成に関わる仕事をしています。長崎を離れれば離れるほど、MPHでの学びがいかに貴重であったかを感じる毎日です。例えば、大学時代には学ぶべき分野の多さに戸惑いを感じたこともありましたが、実際に自分が事業形成やその運営管理に携わると、大学で学んだプロジェクトマネージメント、援助論、保健政策、文化人学、統計学と言った様々な分野が絡み合い考え方の基礎になっていることを実感します。その基礎があるからこそ、現在の仕事に活かせるのだと思います。また、諸団体が参加する外での会議に出席すると、教授陣を始め先輩方の長崎ネットワークの強さを改めて感じることがあり、非常に恵まれた環境で学べたことに感謝しています。今まではアジアを主なフィールドとしていましたが、現在はアフリカ事業が中心となり、職場の皆さんに支えられながら新しい分野を学んでいます。

菊池 可奈子さん 平成23年3月修了

青年海外協力隊での活動をきっかけに、人々が健康になることを阻害する要因には、貧困問題だけではなく、宗教や文化、習慣など様々なことが複雑に絡み合っていることを知りました。どのような方法をとれば、貧しい人も豊かな人もみんなが安心して健康に過ごせるのだろう、そのことをもっと深く学びたいと思い、入学しました。
一年次は、医療系の自分にはまったく縁のない経済学や人類学など新しい学びがあり、課題は大変でしたが、調べれば調べるだけに貪欲に知見を深めることが出来、先生方もその貪欲さに付き合って下さり贅沢な時間を過ごしました。二年次には、インターンとしてJICAのプロジェクトで実務経験をした後、母乳育児に関する調査・研究を行いました。国際協力の現場の実際をインターンという立場で業務としての責任を含めて学べた大変貴重な機会であったとともに、現地の人々からも人間が生き抜く術や強さを学んだ8ヶ月でした。
現在はHANDSという法人で、UNICEFと共に3月11日に起こった東日本大震災の復興支援プロジェクトスタッフとして岩手県沿岸部の乳幼児の保健・栄養支援にかかわっています。本研究科の先生方、事務職員の方々に支えていただき、たくましく個性豊かな仲間と過ごした長崎での日々を胸に、これからも困難な状況に打ち勝つ精神力と応用力を磨き、日々成長していけるように頑張りたいと思います。

豊島 さやかさん 国際健康開発研究科2年

2011_7ウクライナはキエフから、豊島さやかです。チェルノブイリ原子力発電所事故後の調査として、キエフにある放射線医学研究所でインターンシップと研究をしています。かねてより放射線災害はテロも含めて必ず起こるからそのために専門家になって山下先生の片腕とまではいかなくてもリンパ球の一つくらいにはなりたいと思っていたら、あまりにも早くそれは日本で起こってしまいました。このセンターではチェルノブイリ事故で被害を受けた人々やその子供たちの健康問題を長期検診によってコホート調査をしています。25年たって健康問題は現代病も含むようになり、一層複雑化しています。しかしこうして放射線災害治療に特化した施設はこれから日本のみならず世界中で必要になるので、本当に良い経験と学びをしています。つたないロシア語で奮闘しつつ、公衆衛生は決して貧困や感染症の為だけにあるのではないという見地からキエフと福島を見つめながらここにいます。

高橋 理慧さん 国際健康開発研究科2年

2011_6私は大学を卒業してすぐにこの研究科に来たので、いわゆる「新卒」と言われる部類になります。海外のMPHコースでは普通、何年かの勤務経験が必須となり、いわゆる新卒は門前払いされることも少なくありません。国際協力の分野でキャリアアップしていく覚悟をした上で私がよく考えたのは、「資格が先か、経験が先か」ということです。結論として、まずは資格を優先することにしました。何も知らないけど一緒にやりましょうと現場に入っていくのではなく、少なからずこれなら貢献できますというものを持つことが、そこに住む人々と仕事をするうえで最低限の礼儀ではないかと思ってからです。そして今、その決断をして正解だったと思っています。具体的にこの研究科で学んだ、疫学・統計、研究の仕方、PCM(プロジェクトサイクルマネージメント)はプロジェクトを運営していく上で欠かせない技術であり考え方で、これらを軸に実践で役立つ人間に成長したいです。また、今こうしてWPRO(WHO西太平洋地域事務所)で素晴らしい経験をさせていただいていることは、この研究科に拾っていただかなければ実現できなかったことなので、本当に感謝の毎日です。
写真:カンボジアとタイの国境にある拘留所のプログラムサイトにて。移民を対象にした結核のプロジェクトが10月から開始される。

図司 令子さん 国際健康開発研究科2年

2011_5RIT/JATA Philippines, Inc.というフィリピンの都市貧困地域で結核対策プロジェクトを実施しているNGOで長期インターンシップを行っています。
青年海外協力隊で青少年向けの健康教育を行ってはいましたが、保健医療を専門とする団体で活動させていただくのは今回が初めてになります。
どのような人たちが、どのような思いで、どのように保健プロジェクトに携わっているのか。プロジェクトの一員となって現場から直接学べる機会を得られたのは、非医療従事者の私にとっては非常にありがたいことです。活動計画の確認やモニタリングといった活動で直面する出来事が1年次に必死になって覚えた国際保健・マネジメントの知識とリンクしていく瞬間を感じながら、インターン生活を送らせていただいています。長崎と開発途上国という2つの場所で、本研究科教職員・インターン先のスタッフの方々に支えていただきながら学ぶ国際保健分野でのキャリア形成の土台となる貴重な時間になるのではないかと思います。
写真:インターン先スタッフ、パートナー団体スタッフと会議に参加

小川 一弥さん 国際健康開発研究科2年

2011_4こんにちは。今、長期インターンシッププログラムでケニア西部の街に滞在しています。アフリカでの長期滞在は青年海外協力隊に続いて2回目ですが、協力隊では体験しなかったことを経験する毎日です。例えば、住民やカウンターパートへのキャパシティデベロップメントをしながらも、プロジェクトを期限通りに遂行するために本来は彼らがやるべき仕事をある程度は自分たちが肩代わりしなければならないというジレンマ。同じエリアで活動する団体がいまだに住民に物をばらまくような援助をしているという現実。もちろん、自分たちがしたことに対する住民からの感謝の言葉も・・・。様々な事象が深く考える景気を与えてくれます。学校を卒業して実際に働き始めると、こんなふうに悠長にものを考えている余裕などないのかもしれません。学生の間にこのような経験ができるのもこのプログラムの貴重な点の一つではないでしょうか。

橋場 文香さん 国際健康開発研究科1年

2011_3学部生時代は、外国語で英米語を専攻し、3年次からアメリカへ心理学専攻で学位留学をしていました。国際協力・国際保健に興味を持ちだしたのはほんの数年前であり、世界中で貧困に苦しんでいる人々を助けたいと漠然と思い続けていました。心理学のリサーチで、途上国のメンタルヘルスに興味を持ち、調べていくうちに公衆衛生学の重要性を認識するようになりました。私は文系・新卒・途上国未経験ということで受験しようか迷いました。しかし、高度な専門知識・現場経験を持った教授方から学際的に学べ、また短期研修・長期インターンシップで実践力も身につけることが出来る研究科はここしかないと考え、受験を決意しました。この研究科は、様々なバックグラウンドを持った人に広く門戸を開いています。医療従事者だけでなく、青年海外協力隊、社会人経験を持った方などお互い刺激しあって学び合うことが出来る環境です。知識・経験を蓄えることは、決して容易ではありませんが、ここで学ぶ全ての事が、将来国際保健の現場で貴重な財産になると信じて、精一杯努力していきたいと考えています。

佐藤 優さん 国際健康開発研究科1年

2011_2国際健康開発研究科に入学を考えている方へ。
私は、学部時代に国際保健と出会い、その魅力にひかれてこの分野に進むことを決意しました。大学を卒業した後は、日本における公衆衛生の経験を積むために行政保健師として勤務しました。が、いざ取り組もうと考えた時、どのようなプロセスが必要なのかわからずとても悩んでいました。そして思案の末、辿り着いたのが長崎大学国際健康開発研究科でした。一番の決め手となったのは、この研究科が将来的に現場で活躍できる人材育成を目指しているというところです。更に、保健医療のみならず経済学や人口学等の講義が用意されており、私が行政保健師として勤めた時に感じていた『公衆衛生で重要な関連知識』について学ぶことが出来ることも、この研究科の魅力です。また、恥ずかしいことに私は語学が苦手なのですが、それを補強する講義や海外からの研究生が身近にいることは、モチベーションを高める上でよい環境となっています。他にもまだ沢山の魅力がありますが、是非、一度訪れてご自身の目で確かめてみてください。

今野 美保さん 国際健康開発研究科1年

2011_1昨年、当研究科の受験をどうしようか迷いながらこの「在学生からのメッセージ」のページを何度も読み返していたことを思い出します。私は看護師として臨床で経験を積んだ後、マダガスカルでエイズ対策隊員として青年海外協力隊のボランティア活動に参加しました。帰国後、保健医療の分野で仕事を続けていく中で、人各々の限りある人生を楽しんで生きていくことを応援していける様な事を仕事にしたいと思うようになりました。それにはこれから自分に何が出来そうか考えた結果、もう一度途上国の現場に戻ってみたいと思うようになりました。そして現場に出た時に専門的な視点で現場を評価し判断する力を身につけたいと思い、当研究科を受験することに決めました。1年前期の今は、講義や課題に追われ忙しい毎日ですが、温かく、魅力的な諸先生方と素敵な同級生たちと共に勉強できる事に心から感謝しています。いつかこの2年間で学ぶことを還元していけたらと思います。

吉岡 浩太 さん 国際健康開発研究科 平成22年3月修了

2010_9ピザ屋でメニューをみると、マルゲリータ、ハワイアーノ、色々なピザがずらり。どれもおいしそうなので、色んな味を尐しずつ…
長崎大学の国際健康開発研究科は、まさにこの「ミックスピザ」である。熱帯医学、母子保健学、事業マネジメント、文化人類学、経済学…。色々味わえて嬉しいが、腹に入れるのは、それぞれをかじったくらいが丁度いい。
あれ、かじってみたはいいけれど、かじっただけのカケラをどうしよう。
この研究科で大変なのは、学問のカケラを組み合わせて、自分でひとつの俯瞰図をつくることだ。そのためには「この学問は何ができて、何ができないのか」と自問し、それぞれの「領域」を見極めておくことが大切だ。とくに「何ができないのか」は大学の先生はなかなか教えてくれない。
ミックスピザを頼んで、マルゲリータとハワイアーノがごちゃまぜだったら気持ち悪い。生地は同じでも、具はしっかり分けておこう。食べたい時に、食べたい味が楽しめるように。

宮本 奈穂子さん 国際健康開発研究科 平成22年3月修了

2010_8私は青年海外協力隊としてフィジーの養護学校で活動中に、障害の有無にかかわらず、現地の人々が抱く健康に暮らすことへの切実なニーズを目の当たりにしました。それにどうにか対応したい、と考えたことが本研究科に入学したきっかけです。
医療のバックグラウンドをもつ同期が多い中で、この分野で自分に何ができるのだろうかと悩み、医学系の授業では頭の中が??だらけになり、多難な一年次でした。
二年次には、長崎大学海外教育研究フィジー拠点/JICA大洋州地域予防接種事業強化プロジェクトでインターンとして、実務研修と「フィジーにおける乳児の予防接種受診に影響する要因」について調査・研究を行いました。国際協力の現場に8ヶ月間身を置き、その良い点も改善すべき点も、そして自分の無力さなど、様々な現実を肌で感じる貴重な経験となりました。
現在はNPO職員として、中央アジア・タジキスタンに駐在し、障害者支援や保健医療の分野での案件形成、プロジェクト運営等を行っています。本研究科の先生方、事務職員の方々の支えの中、たくましくてユニークな同期と過ごした怒涛のような日々を胸に、新しい世界でしっかり就業したいと思います。

さらに記事を表示する
PAGE TOP