お知らせ

研究プロジェクト「新型コロナウイルスに対する病院スタッフの認識と準備:グローバル調査」参加協力のご案内

長崎大学熱帯医学研究所および本研究科の調査チームは、今なお感染者数が増加している新型コロナウイルス2019(2019-nCoV)について、様々な国の病院を対象に、新型コロナウイルスに対する病院スタッフの認識と準備状況について緊急調査を実施することといたしました。

関連分野でご活躍されている皆さんに、ぜひ私たちのグローバル調査にご参加いただけますようお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「新型コロナウイルスに対する病院スタッフの認識と準備:グローバル調査」
への研究調査参加のご案内

私たちのチーム(⻑崎⼤学熱帯医学研究所および同学熱帯医学・グローバルヘルス研究科)は、様々な国の病院において、新型コロナウイルスに対する病院スタッフの準備状況について緊急調査を実施することといたしました。2 ⽉20 ⽇現在、既に30 以上の病院から倫理審査委員会の承認を得ており、100 以上の病院から調査実施に関し⼝頭で合意を得ています。⻑崎⼤学の倫理審査委員会の承認は2 ⽉18 ⽇に取得しています。

このプロジェクトを成功させるために、関連分野でご活躍されている皆さんに、ぜひ私たちのグローバル調査にご参加いただけますようお願いいたします。

本調査にご協⼒いただける場合、類似の共同研究(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29452941)に⽰されているように、貴殿のお名前は、論⽂発表の際に協⼒者として掲載されます。各病院の協⼒者は、病院スタッフを対象に、紙媒体(印刷を含む)もしくはインターネットを介した質問票調査の実施及び調査に関わる時間の確保をご⾃⾝で⾏い、調査の正確性や不正について責任を負っていただきます。私たちのプロジェクトへの参加に同意いただける場合、英語と⽇本語の調査プロトコルと質問票をお送りいたします(必要に応じて)。調査を開始する前に、病院または所属先から調査実施の承認(おそらく迅速審査)を得ていただく必要があります。

〇 調査実施の承認締め切り: 3 ⽉3 ⽇
〇 データ収集締め切り: 3 ⽉6 ⽇

本調査を50 以上の国と数百の医療機関で実施することができれば、本調査結果は、The Lancet Infectious Diseases (ランセット)に投稿したいと考えております。全ての参加者は上述の通り、協⼒者として皆ほぼ平等に記載させていただきます。参加医療機関の増加にご協⼒いただければ幸いです。

プロジェクトや必要な⼿続きの詳細については、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。

貴殿のご連絡を⼼よりお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

プロジェクトチーム代表
ニューエン ティエン フイ (Email: tienhuy@nagasaki-u.ac.jp)
井本敦⼦(Email: imoto@nagasaki-u.ac.jp)

プロジェクトチームメンバー:
ニューエン ティエン フイ(Dr. Nguyen Tien Huy), MD, PhD, ⻑崎⼤学
クリストファー スミス(Prof. Christopher Smith), MD, PhD, ⻑崎⼤学
平⼭謙⼆(Prof. Kenji Hirayama), MD, PhD, ⻑崎⼤学
シャリフ イスラム(Dr. Shariful Islam), MD, PhD, ディーキン⼤学, オーストラリア

More Information

INFORMATION LIST
  1. Vogue Japan において,本研究科池上清子教授による国際ガールズ・デーに向けたメッセージが掲載されました。
  2. 令和3年10月1日(水)に熱帯医学・グローバルヘルス研究科の入学式が挙行されました。
  3. 熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野の森本浩之輔教授らが新型コロナワクチンの有効性に関する疫学研究について記者会見を実施しま…
  4. 2021年9月17日に熱帯医学・グローバルヘルス研究科の修了式が挙行されました。
  5. TMGH Special Seminar 2021「グローバルヘルスを志す人のためにーいかなる国際連携が必要なのかー」(…

アーカイブ一覧

PAGE TOP