トップページ

世界の健康問題解決に貢献する人材を育成する

21世紀になり経済、産業や流通のグローバル化が進み、自然・社会環境に関する諸問題も地球規模で考えなければならない時代になりました。とりわけ、環境の変化に影響される感染症やメンタルヘルス、生活習慣病などの疾病対策には、時に国や地域の境界を越えた「グローバルヘルス」という新たな概念が必要となります。熱帯医学・グローバルヘルス研究科においては、あらゆる既存の学術境界を越えた新たな総合的アプローチにより世界の健康問題の解決をめざす「グローバルヘルス領域」で国際的に活躍できる人材を養成することを目的としています。

受験生の方へ

PARTNERSHIP

TMGH × LSHTM

ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院
長崎大学とグローバルヘルス領域で世界最高峰のロンドン大学衛生・熱帯医学大学院は、2013年に学術交流を締結し、研究者交流や共同研究、シンポジウムの開催など活発な交流を行ってきました。2014年にはロンドン大学衛生・熱帯医学大学院から2名の世界トップレベルの研究者を本学教授として迎え入れ、2015年にはロンドン大学衛生・熱帯医学大学院と連携した大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科(修士課程)を設置しました。さらに、現在、同研究科において、グローバルヘルス分野における博士人材の育成をロンドン大学衛生・熱帯医学大学院と協同で実施するため、国際連携専攻(博士後期課程)を設置し、2018年10月開校に向けて準備を進めているところです。

PAGE TOP