教員紹介

田中 健之 講師

専門・研究テーマ・キーワード
臨床感染症、感染制御、血管透過性亢進の病態制御
担当課程
博士前期課程専任教員博士後期課程専任教員

取得学位・資格

医師免許,医学博士

個人/所属ウェブページ

http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/mmi/did/
http://www.mh.nagasaki-u.ac.jp/nice/
http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/internal/

ResearchGateアカウント

https://www.researchgate.net/profile/Takeshi-Tanaka-8

他所属

長崎大学病院 感染制御教育センター
日本内科学会(内科認定医、総合内科専門医)
日本感染症学会(感染症専門医・指導医・評議員)
日本呼吸器学会(呼吸器専門医・指導医)
ICD(インフェクション・コントロールドクター)
日本エイズ学会、日本環境感染学会、日本化学療法学会、日本結核・非結核性抗酸菌症学会、日本呼吸器内視鏡学会、米国胸部学会(ATS: American Thoracic Society)

経歴

  • 2002年 熊本大学医学部卒業、長崎大学医学部付属病院熱研内科研修医
  • 2003年 日赤長崎原爆病院 研修医
  • 2004年 十善会病院 内科(呼吸器科)
  • 2005年 国立病院機構長崎神経医療センター(現:川棚医療センター)呼吸器内科
  • 2006年4月-2011年8月 長崎大学病院 熱研内科 医員
  • 2011年9月-2013年9月 米国コロラド大学/National Jewish Health 呼吸器科・集中治療科 ポスドク研究員
  • 2013年10月-2014年3月 長崎大学病院 感染症内科(熱研内科)助教
  • 2015年4月-2018年3月 長崎大学病院 感染症内科(熱研内科)講師
  • 2018年4月―2020年8月  長崎大学病院 感染制御教育センター 講師
  • 2019年12月:国際協力事業団 国際緊急援助隊感染症対策チーム サモア独立国麻疹流行に係る国際緊急援助隊 派遣医師
  • 2020年9月―現在 長崎大学病院 感染制御教育センター 病院准教授

教育活動

長崎大学

  • 歯学部3年生/薬学部4年生講義:内科学総論(感染症分野)
  • 医学部感染症系講義(医学科2年次、3年次)
  • TMGH: MTM / Diploma /TTM: PPE(personal protection equipment) infection control practical session
  • 長崎大学へのJICA日墨研修員の指導

学外

  • JICA 国際緊急援助隊(JDR)感染症対策チーム 導入研修班委員、診療班作業部会委員

研究活動

  • ARDS、敗血症性ショックの血管透過性亢進の制御
  • 日本のHIV感染症における日和見感染症・悪性腫瘍の疫学研究

現在の主な研究活動地域

日本

最近の5つの出版物

  1. Shimizu K, Maeda H, Sando E, Fujita A, Tashiro M, Tanaka T, Izumikawa K, Motomura K, Morimoto K. Epidemiology of SARS-CoV-2 infection in nursing facilities and the impact of their clusters in a Japanese core city. J Infect Chemother. 28(7):955-961, 2022.
  2. Tanaka T, Mori M, Tashiro M, Izumikawa K. Impact of Plasma 5 Hydroxyindoleacetic Acid, a Serotonin Metabolite, on Clinical Severity in Acute Respiratory Distress Syndrome. Front Med (Lausanne). 8:785409, 2021.
  3. Maeda H, Sando E, Toizumi M, Arima Y, Shimada T, Tanaka T, Tashiro M, Fujita A, Yanagihara K, Takayama H, Yasuda I, Kawachi N, Kohayagawa Y, Hasegawa M, Motomura K, Fujita R, Nakata K, Yasuda J, Morita K, Kohno S, Izumikawa K, Suzuki M, Morimoto K. Epidemiology of Coronavirus Disease Outbreak among Crewmembers on Cruise Ship, Nagasaki City, Japan, April 2020. Emerg Infect Dis. 27(9):2251-2260, 2021.
  4. Tanaka T, Oshima K, Kawano K, Tashiro M, Tanaka A, Fujita A, Tsukamoto M, Yasuoka A, Teruya K, Izumikawa K. Nationwide surveillance of AIDS-defining illnesses among HIV patients in Japan from 1995 to 2017. PLoS One. 16(8):e0256452, 2021.
  5. Tanaka T, Mori M, Sekino M, Higashijima U, Takaki M, Yamashita Y, Kakiuchi S, Tashiro M, Morimoto K, Tasaki O, Izumikawa K. Impact of plasma 5-hydroxyindoleacetic acid, a serotonin metabolite, on clinical outcome in septic shock, and its effect on vascular permeability. Sci Rep. 11(1):14146, 2021.

https://researchmap.jp/ttakeshi

メッセージ

感染症専門家は多岐にわたる問題を対応する必要があります。私の現場での担当は、診療の面では新興感染症も含めた重症感染症への対応です。それと同時に院内感染制御、薬剤耐性菌抑制への抗菌薬適正使用の活動も業務として従事しています。感染症の臨床は、診療治療と感染制御・感染対策は両輪の要素です。その重要性を教育の現場でお伝えできればと思います。

PAGE TOP