教員紹介

加藤 健太郎 助教

専門・研究テーマ・キーワード
分子生物学、細胞生物学、糖鎖生物学、寄生虫学
担当課程
博士後期課程専任教員博士前期課程専任教員

取得学位・資格

博士(薬学)

個人/所蔵ウェブページ

http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/nekken/departments/eco-epidemiology.html
https://researchmap.jp/read0147848

ResearchGate/LinkedInアカウント

https://www.researchgate.net/profile/Kentaro-Kato-5
https://www.linkedin.com/in/kentaro-kato-76b91b9/

他所属

長崎大学熱帯医学研究所生態疫学分野

経歴

[学歴]

  • 2001年4月-2004年3月: 東京大学大学院薬学系研究科機能薬学専攻 博士(薬学)
  • 1999年4月-2001年3月: 東京大学大学院薬学系研究科機能薬学専攻 修士(薬学)
  • 1993年4月-1997年3月: 北海道大学理II系- 薬学部総合薬学科 学士(薬学)
  • 1989年4月-1992年3月: 神奈川県立湘南高等学校

[職歴]

  • 2017年3月-現在に至る: 助教、長崎大学熱帯医学研究所生態疫学分野
  • 2010年4月-2017年2月: 助教、長崎大学熱帯医学研究所寄生虫学分野
  • 2008年4月-2010年3月: 博士研究員、北海道大学大学院先端生命科学研究院
  • 2005年4月-2008年3月: Visiting research assistant, Odontologisk Institute/ Institute of Medical Biochemistry and Genetics/ Institute of Cellular and Molecular Medicine, Panum Instituttet, University of Copenhagen, Copenhagen, Denmark

教育活動

全学モジュールI「健康と医療の安全・安心」(長崎大学)

研究活動

赤痢アメーバが有する病原性因子の作用機序解明
赤痢アメーバレクチンの構造解析
住血吸虫ミラシジウムが走化性を示す因子の探索

現在の主な研究活動地域

日本、アメリカ、デンマーク

最近の5つの出版物

  1. Mitsui Y, Miura M, Kato K, Aoki Y; Chemotactic responses of Brugia pahangi infective third-stage larvae to tris(hydroxymethyl)aminomethane-related compounds and amino acids. Journal of Helminthology, 95, e72 (2021) https://doi.org/10.1017/S0022149X21000705
  2. Kato K*, Hansen L* and Clausen H; Polypeptide N-acetylgalactosaminyltransferase-Associated Phenotypes in Mammals. Molecules, 26, 5504 (2021) https://doi.org/10.3390/molecules26185504
  3. Mitsui Y, Miura M, Kato K; In vitro effects of febrifugine on Schistosoma mansoni adult worms. Tropical Medicine and Health, 48, 42 (2020) https://doi.org/10.1186/s41182-020-00230-x
  4. de las Rivas M, Daniel EJP, Narimatsu Y, Compañón I, Kato K, Hermosilla P, Thureau A, Ceballos-Laita L, Coelho H, Bernadó P, Marcelo F, Hansen L, Maeda R, Lostao A, Corzana F, Clausen H, Gerken TA, Hurtado-Guerreo R; Molecular basis for fibroblast growth factor 23 O-glycosylation by GalNAc-T3. Nature Chemical Biology, 16, 351-360 (2020) https://doi.org/10.1038/s41589-019-0444-x
  5. Mitsui Y and Kato K; Application of non-fluorescent dyes to assess the antischistosomal effect of antimalarial drugs on Schistosoma mansoni adult worms. Japanese Journal of Infectious Diseases, 71, 382-387 (2018) https://doi.org/10.7883/yoken.JJID.2018.034

メッセージ

観る力を養い、知る楽しさを体感し、解く喜びを満喫して下さい!

PAGE TOP