グローバルヘルス専攻

博士後期課程 グローバルヘルス専攻

3つのポリシー

  1. グローバルヘルス領域において、博士レベルの研究・実践能力を修得するために必要な基礎および専門知識・技術を有する(知識レベル)
  2. 同領域の進展に貢献しようとする向学心を有する(ミッション・精神レベル)
  3. 博士号取得後に様々な分野と協働して国際チームの一員としてリーダーシップ・フォロワーシップをもって活躍できる能力、柔軟性を備えていること(社会性・国際性・能力レベル)
ディプロマポリシーに適合した人材育成を実現するため,グローバルヘルス領域での博士研究の適切な研究領域を選択し,先行研究の十分な精査及び意義のある革新的な研究課題の吟味・決定,必要な知識と技術の修得,研究を遂行し社会に公表する能力を涵養するカリキュラムを提供する。

  1. 研究領域の選択に関するカリキュラム(2-3領域のグローバルヘルスゼミの修得)
    先行研究の十分な精査
    批判的読解能力・発表能力
  2. 研究計画作成に関するカリキュラム
    意義のある革新的な研究課題を吟味・決定
    研究計画書・プロトコールの作成(演習)
  3. 研究技術修得に関するカリキュラム
    実験手技演習
    疫学・集団健康学調査手技演習
    必要な基礎知識・技術取得
    (必要に応じて追加的に修士授業の聴講等による知識獲得も課す)
  4. 博士研究チューイッション
    博士研究の進捗に合わせた討論・方法と結果のチェック
    実際の論文作成指導
  1. グローバルヘルス全体を俯瞰する能力と知識を有する
  2. 国際共同研究や国際共同プログラムへの参加経験を有し,当該共同研究等において主導して研究・活動する能力を有する
  3. 成果を公表して,グローバルヘルス領域の科学研究を推進する能力を有する
  4. 科学的知見に基づき,実践においてもインパクトを与えられる能力を有する

グローバルヘルス分野において,研究者として自立して研究活動を行い,高度に専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力と,その基礎となる豊かな学識を備えた人材であり,国際的環境のなかで,グローバルヘルス分野における国際共同研究・実践プロジェクトを推進できる能力を有した者である。

概要

修業年限:3年

修了要件:必修科目16単位の全てを修得し,博士論文の審査及び最終試験に合格

カリキュラム

本課程では,原則として国際共同研究等に実際に参画する中で指導を受けるカリキュラムとなっており,以下の科目(演習科目)を修得することとなっている。

○科目

グローバルヘルス研究演習(必修・4単位)

各自の研究課題に関する妥当で質の高い研究計画を立案する。主研究指導教員の指導のもと,副指導教員とのディスカッションをもち,系統的文献レビューを行い,グローバルヘルス研究として十分に独創性と科学的妥当性を有し,実施可能な研究計画を立案する。

グローバルヘルス特別研究(必修・12単位)

主指導教員を中心に,副指導教員や外部アドバイザーも参加しながら,研究計画に基づき研究を遂行し,博士(グローバルヘルス)の学位に相応しい,科学的根拠に基づく研究方法・研究成果の考察を踏まえた学位論文(ティーシス形式)を作成する。

チーム型研究指導

博士後期課程では,リサーチワーク主導型の教育課程を編成している。グローバルヘルスという学際的領域を対象とすることから,本研究科の教員を「熱帯医学」「国際健康開発」「ヘルスイノベーション」の3つの分野に集約し,学生の研究テーマに沿って主指導教員を決定する。さらに,前述のとおりグローバルヘルスは学際的なものであることから,副指導教員として主指導教員とは別の分野を専門とする教員2名を配置し,計3名の教員による共同指導体制(チーム型研究指導)を構築する。

世界最高水準の授業の提供

LSHTMと全面的に連携し,また,海外及び国内から著名な研究者や教員等を招聘することにより,世界最高水準の博士レベルの教育研究指導を実施する。

特に,LSHTMの疫学・統計学分野は世界トップレベルの教員陣及び教育資材により構成されているが,本研究科は学術交流協定書に基づきこのLSHTMの疫学・統計学チームを長崎にチームとして招聘しており,修士や博士,研究科の壁を越えて多くの学生が受講している。

各種資料

  • 履修モデル


  • コースマップ


  • カリキュラムマップ


  • 養成する人材像


  • 既設修士課程との関係


  • グローバルヘルス専攻と国際連携専攻との違いについて


PAGE TOP