国際健康開発コース

博士前期課程 グローバルヘルス専攻

国際健康開発コース(International Health Development Course)

博士前期課程 グローバルヘルス専攻 3つのポリシー

グローバルヘルス領域の問題解決に実践的に貢献できる人材育成の基盤となる資質を持った学生を選抜する。

  1. 世界平和と人類の健康増進に貢献する意思がある。
  2. 世界で活躍できる品位と知性を有する(英語によるコミュニケーション能力,多文化共生能力,協調性及びリーダーシップ)。
  3. 自ら調べ自ら考える能力と習慣を有する。
  4. 専門分野での外国語運用能力を含めたコミュニケーション能力を有する。
  5. 学士として一般的に身に付けていると考えられるグローバルヘルス・国際保健の基礎知識を有する。
  6. グローバルヘルス・国際協力・国際保健分野への強い関心と意欲がある。

熱帯医学,国際保健及び関連する実践的科学の基礎知識を身に付けた上で,そのいずれかに特化した専門性を持ち,当該分野での問題解決能力を身に付けさせるカリキュラムを構成する。

  1. グローバルヘルス領域の基礎を学ぶとともに,応用科目に設定されている各モジュール並びに講義科目の概要を理解させるため,基礎科目を設ける。
  2. 研究デザイン,研究倫理について教え,修士課程における研究の推進に関する専門基礎を学生に習得させ,最終的な修士論文作成能力を担保するため,専門基礎科目を設ける。
  3. 各コースの専門性を担保するため,グローバルヘルス領域を構成する「基礎熱帯医学」,「臨床熱帯医学」, 「疫学・統計学」,「地球環境・衛生学」,「国際地域保健学」,「社会行動科学」,「保健政策・マネージメント」の7つの科目群をモジュールとして配置する応用科目を設ける。
  4. 研究計画書作成の指導から研究計画の実施,修士論文の作成までの指導を行うため,演習科目を設けるとともに,研究指導を行う。
  5. バックグラウンドや実務経験が異なる学生を高度なレベルで統一して専門基礎科目,応用科目が学べるようにするため,学生にあったチュートリアルや補講を行う。

人々の健康と幸福に貢献できるグローバル人材の育成を目的としており,その修士像を以下のディプロマポリシーに集約させている。

  1. 専門性・専門知識
    グローバルヘルス領域における熱帯医学,国際健康開発及びヘルスイノベーションについての専門知識・技術を習得し,それを遂行する能力を有する。
  2. 広範な基礎知識とコミュニケーション・協働能力
    グローバルヘルス領域における広い基礎知識を習得し,多様な専門家と英語でコミュニケーションがとれ,協働・協力してグローバルヘルス領域の課題の解決に貢献する能力を有する。
  3. プロフェッショナリズム
    熱帯地の開発途上国及び全地球レベルでグローバルヘルスの改善に貢献できる高度専門職業人としての素養と知識と技術,及びプロフェッショナリズム,不屈の精神を有する。
  4. リーダーシップ/フォロワーシップ
    以上の能力をもち,統合的なグローバルヘルス領域において国際チームの一員としてリーダーシップとフォロワーシップを発揮できる能力を有する。

コースの概要

標準修業年限:2年

学位の種類:修士(公衆衛生学)
・短期海外フィールド研修
・長期海外研修(長期インターンシップ及び研究)(5ヶ月~8ヶ月)

修了要件:
– 必修科目28単位のすべてを修得
– 選択科目2単位を修得
– 修士論文(特定課題研究報告書)の審査
– 最終試験に合格

応募要件:
– 大学、看護学校などの認定された教育機関の学士号
– 国内外の職務経験を有する
– ボランティアとして地域社会奉仕活動経験を有する
– JOCV(国際協力ボランティア)、NGO、政府機関、または民間企業(国内外)との共同作業経験を有する
*上記の要件を満たしていない者で、学業成績や職歴に基づき同等以上の学力があると認められた者

モジュール:
学生が必要とするすべてのモジュール一覧については、以下を参照してください。

博士前期課程 グローバルヘルス専攻 カリキュラム

主な応用科目のモジュール

国際地域保健学モジュール
  • リプロダクティブ・ヘルス/ジェンダーⅠ
  • リプロダクティブ・ヘルス/ジェンダーⅡ
  • 小児保健Ⅰ ・小児保健Ⅱ ・地域保健Ⅰ ・栄養
  • 地域保健Ⅱ ・緊急援助Ⅰ ・緊急援助Ⅱ

グローバルヘルス領域の課題を地域保健の立場から理解するための知識を修得する。

社会行動科学モジュール
  • ヘルス・プロモーションⅠ
  • ヘルス・プロモーションⅡ
  • 医療人類学Ⅰ ・医療人類学Ⅱ
  • 社会調査(量的)・社会調査(質的)・人口学
  • 国際保健研究への社会科学的アプローチ

健康問題の社会的側面に関する知識と視点を修得する。

保健政策・マネージメントモジュール
  • 医療経済 ・保健制度・政策Ⅰ ・プロジェクト・プログラム管理Ⅰ
  • 援助論Ⅰ ・保健財政 ・開発と経済 ・保健制度・政策Ⅱ ・援助論Ⅱ
  • プロジェクト・プログラム管理Ⅱ(ケース・スタディ) ・社会企業論

様々なグローバルヘルス課題に対する解決方策についての知識を修得する。

短期フィールド研修

1年次の春特別期に,約2週間の短期フィールド研修を実施します。本科目では,途上国における保健医療状況,健康改善対策活動あるいは関連研究プロジェクト地域(感染症,母子保健,地域保健医療システム強化など)の視察を通して洞察を深め,基礎知識の実践的重要性についての理解度と実践への意欲を高めます。

短期フィールド研修

長期海外研修

2年次に約8ヶ月にわたり実施される長期海外研修は,本研究科の教育目的を達成する上で最も重要な役割を担う授業科目であり,学生がインターンシップを希望する国際機関,本学海外拠点フィールド,本学と連携ネットワークを持つ国際機関,JICA,NGO 等において,1年次に学んだ知識を実践で活かしながら実務能力を身につけます。
8ヶ月の研修期間のうち,前半の5ヶ月は派遣先で実務研修(長期インターンシップ)を行い,後半の3ヶ月は派遣先のプロジェクト地域又は学生が選択する地域で研究調査活動を行います。

長期海外研修

修士論文(過去の在学生の研究テーマ)

2017年
タイトル
主任指導教員名
“A study on the characteristics of patients who are discharged against medical advice 松井 三明(准教授)
Effect of different communication tools for health education: A study to examine factors affecting correct knowledge acquiring in rural Madagascar 松井 三明(准教授)
Assessment of acute malnutrition among hospitalized children in Siddhi Memorial Hospital, Bhaktapur, Nepal Sharon Cox(教授)
Satisfaction with maternal health care services among postpartum women admitted to Yangon Workers’ Hospital in Myanmar 門司 和彦(教授)
Are rural Cambodian male infants more malnourished than female infants? The role of infection history and weaning practices Sharon Cox(教授)
Difference of risk factors of schistosomiasis, opisthorchiasis and hookworm infection between adults and children in southern Lao PDR 金子 聰(教授)
Breastfeeding practices among Palestine refugees in Jordan 神谷 保彦(教授)
Number of people sharing bed nets increases risk of Plasmodium infection for children in villages along Lake Victoria, Kenya 皆川 昇(教授)
Healthcare seeking behaviour of paediatric acute respiratory illness in community and exploring its association with clinical outcome among hospitalised cases in Vietnam 橋爪 真弘(教授)
Cross-sectional study describing characteristics and disease severity of adult patients with hypertension attending MRC Keneba Clinic, The Gambia Sharon Cox(教授)
The impact of mothers’ HIV infection on their primary school aged children’s educational and nutritional status: A cross-sectional study in Mbita, Kenya 神谷 保彦(教授)
The assessment of physical activity among Syrian refugees living in Amman city, Jordan 神谷 保彦(教授)
Interest in course curriculum and motivation of the basic health staff to work in rural areas in Myanmar 門司 和彦(教授)

修士論文タイトル一覧

過去問について

国際健康開発研究科、熱帯医学・グローバルヘルス研究科(国際健康開発コース) 過去問(閲覧・入手)についてこれまでに実施した入学者選抜試験の問題用紙の残部を提供します。

過去問について

修了生メッセージ

鎭目 琢也さん

修了年度:2017年

graduates1 長崎大学熱帯医学・グローバルヘルス研究科国際健康開発コース1期生(2015.10~2017.09)の鎭目琢也です。
入学前は、青年海外協力隊でソロモン諸島に理学療法士として派遣され、地域リハビリテーション振興に従事しておりました。その後、疾病予防の観点から、公衆衛生を学ぶため、長崎大学熱帯医学・グローバルヘルス研究科国際健康開発コースに進学を決めました。修了後はWHO西太平洋地域事務所で短期コンサルタントとして勤務後、社会人採用でJICAに入構することになっています。
本コースの最大の魅力は5ヵ月のインターンシップと、3ヵ月の研究を海外で実施する、長期海外研修プログラムだと思います。私自身はタイのアジア太平洋障害センターで2ヵ月とラオスWHO事務所で3ヵ月のインターンをしました。研究はラオス南部でメコン住血吸虫症に関して、ラオス保健省と合同調査を実施しました。データ分析やプロジェクト管理など、大学院での学びを現場で実践しながら、国際協力の分野で働くための基礎能力を身につけることができたと思います。
またJICAや国連機関、開発コンサルタント、NGOなど様々な機関で働かれている方々との出会いがあり、自身の将来を考えるうえで、非常に有益な経験ができます。
この2年間の修士課程のコースは、国際協力、国際保健に関して様々な視点で学ぶことができ、また同じ志を持つかけがえのない仲間に出会える、非常に実りのあるプログラムだと思います。

修了生メッセージ一覧

履修モデル(一例)

  • 履修モデル1

    経済学部卒業後,民間企業に勤務し,青年海外協力隊の経験を有する者が,JICAプロジェクトに従事することを目指す

     
  • 履修モデル2

    大学卒業後,看護師として途上国で勤務した者が,国際保健医療系NGO職員:SHARE,Oxfamなどに従事することを目指す

     

(参考)国際健康開発研究科ホームページ

PAGE TOP