教員紹介

森保 妙子 助教

専門・研究テーマ・キーワード
寄生虫学、熱帯医学、行動経済学
担当課程
博士前期課程専任教員

取得学位・資格

博士(医学)、修士(経済学)・臨床検査技師

個人/所属ウェブページ

http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/nekken/facilities/project-k.html

ResearchGate/LinkedInアカウント

https://www.researchgate.net/profile/Taeko_Moriyasu2
https://www.linkedin.com/in/taeko-moriyasu-40b7a9174/

他所属

長崎大学熱帯医学研究所

経歴

職歴
2020-現在  助教                  長崎大学熱帯医学研究所附属アジア・アフリカ感染症研究施設
2018-2020 特任研究員      長崎大学熱帯医学研究所生態疫学分野
2017-2018 特任研究員      長崎大学熱帯医学研究所寄生虫学分野
2016        インターン         世界保健機関西太平洋地域事務局
1995-2000 臨床検査技師   日本赤十字社長崎原爆病院

学歴
1995        九州大学医療技術短期大学部 卒業
2002        長崎大学経済学部 卒業
2004        長崎大学経済学研究科修士課程 修了
2018        長崎大学医歯薬学総合研究科博士課程 修了

教育活動

2020-  TMGH 修士課程
2015, 2016, 2017  長崎大学モスキートデイ
2014, 2015, 2016  子ども感染症教室
2015  霞が関子ども見学デー

研究活動

  • 狂犬病制圧にむけた犬のワクチン接種率向上にナッジは有効か -ランダム化比較実-
  • アフリカにおける結核感染の早期発見・登録・フォローアップに資するサーベイランスシステムと診断技術の開発と評価
  • 子供の成長と生活環境に関するアフリカ出生コホート研究
  • リテラシー格差の発生要因とその意思決定への影響、格差縮小方策に関する実証研究

現在の主な研究活動地域

ザンビア、ケニア、日本

最近の5つの出版物

  1. Group 2 Innate Lymphoid Cells Exacerbate Amebic Liver Abscess in Mice. Risa Nakamura,Akihiro Yoshizawa,Taeko Moriyasu,Sharmina Deloer,Masachika Senba,Mihoko Kikuchi,Shigeo Koyasu,Kazuyo Moro,Shinjiro Hamano, iScience 23(9) 101544-101544 2020.
  2. Dynamics of serological responses to defined recombinant proteins during Schistosoma mansoni infection in mice before and after the treatment with praziquantel. Eman Sayed Mohammed,Risa Nakamura,Yombo Dj Kalenda,Sharmina Deloer,Taeko Moriyasu,Mio Tanaka,Yoshito Fujii,Satoshi Kaneko,Kenji Hirayama,Ahmed I Ibrahim,Mahmoud A El-Seify,Asmaa M Metwally,Shinjiro Hamano, PLoS neglected tropical diseases 14(9) e0008518 2020.
  3. Prevalence and risk factors of Schistosoma mansoni infection among children under two years of age in Mbita, Western Kenya. Miho Sassa,Evans A Chadeka,Ngetich B Cheruiyot,Mio Tanaka,Taeko Moriyasu,Satoshi Kaneko,Sammy M Njenga,Sharon E Cox,Shinjiro Hamano, PLoS neglected tropical diseases 14(8) e0008473-e0008473 2020.
  4. Kazuyo Ichimori, Taeko Moriyasu. “Global Programme to Eliminate Lymphatic Filariasis: GPELF.” Journal of International Health 22(1), 2018.
  5. Taeko Moriyasu, Risa Nakamura, Sharmina Deloer, Masachika Senba, Masato Kubo, Megumi Inoue, Richard Culleton, Shinjiro Hamano. “Schistosoma mansoni infection suppresses the growth of Plasmodium yoelii parasites in the liver and reduces gametocyte infectivity to mosquitoes.” PLoS Negl Trop Dis 12(1): e0006197, 2018.

メッセージ

世界には、感染症と貧困の連鎖に苦しむ人がたくさんいます。研究者としてアカデミアの視点から、自分にできることはあるだろうか。どうやったら社会に貢献できるだろうか。常に自問しながら仕事をしています。一緒に学び、研究し、よりよい社会を目指しましょう。

PAGE TOP