教員紹介

Moi Meng Ling 准教授

専門・研究テーマ・キーワード
ウイルス学、感染免疫学
担当課程
博士前期課程専任教員

取得学位・資格

博士(医学)

個人/所属ウェブページ

https://sites.google.com/site/sherrymoi/
http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/nekken/research/virology.html

ResearchGate/LinkedInアカウント

https://researchmap.jp/sherrymoi/?lang=japanese

他所属

  • 国立感染症研究所・協力研究員
  • 日本ウイルス学会、日本熱帯医学会、日本感染症学会

経歴

2015-現在 長崎大学熱帯医学研究所 准教授
2015-present 副センター長, WHO Collaboration Center for Research and Reference of Tropical Viral Diseases
2010-2014 国立感染症研究所 研究官
2006-2010 国立感染症研究所 研修生
2006-2010 筑波大学大学院 博士課程(医学)
2004-2006 筑波大学大学院 修士課程(医科学)
2003-2004 筑波大学 日本語・文化研修生
1999-2002 Universiti Putra Malaysia (B.Sc. in Microbiology, First Class Honours)

教育活動

ウイルス学、感染免疫の講義、大学院研究指導

研究活動

我々のグループは主に以下の研究を行っている。
アジア・アフリカのフィールド調査。これらの流行地域において分離されたデングウイルスやジカウイルス、チクングニヤウイルス等の分子疫学的解析により、ウイルスの移動を明らかにすると共に、発病機構や重症化に係るウイルス病原性遺伝子の探索を行っている。
デングウイルスの感染における抗体依存性感染増強に関する重症化メカニズムを解明し、ワクチン開発のための基礎研究を実施している。
デングウイルスやSFTSウイルス等の感染がどのように病気を起こすかについて、主に動物モデルを用いて、免疫、病理学的解析を行っている。
PCR法、LAMP法等を用いてウイルス遺伝子やタンパク質を短時間で検出・同定する手法や血清診断法の開発を行っている。
1993年11月23日以降「熱帯性及び新興感染症ウイルスのレファレンス及び研究のためのWHO協力センター」として認定を受け、ベトナム、フィリピンなど多数の開発途上国から研修生を受け入れ、WHO短期コンサルタントとして専門家をWHOの活動に派遣している。

現在の主な研究活動地域

  • 日本
  • ベトナム
  • フィリピン
  • ミャンマー
  • マレーシア

最近の5つの出版物

  1. Bui TT, et al. A single amino acid substitution in the NS4B protein of Dengue virus confers enhanced virus growth and fitness in human cells in vitro through IFN-dependent host response. J Gen Virol. 2018 Aug;99(8):1044-1057.
  2. Ly MHP, et al. Dengue virus infection-enhancement activity in neutralizing antibodies of healthy adults before dengue season as determined by using FcγR-expressing cells. BMC Infect Dis. 2018 Jan 10;18(1):31
  3. Moi ML et al. Zika virus infection and microcephaly in Vietnam. Lancet Infect Dis. 2017 Aug;17(8):805-806.
  4. Moi ML et al. Marmosets (Callithrix jacchus) as a non-human primate model for evaluation of candidate dengue vaccines: induction and maintenance of specific protective immunity against challenges with clinical isolates. J Gen Virol. 2017 Dec;98(12):2955-2967.
  5. Moi ML et al. Human antibody response to dengue virus: implications for dengue vaccine design. Trop Med Health. 2016 Mar 14;44:1

メッセージ

With rapid globalization and changes in the population dynamics, health problems in tropical regions is changing and diversifying profoundly. Innovative measures are therefore needed to enable solutions to meet rapidly evolving needs and to provide new perspectives to develop effective control measures. In the recent decades, we have seen a surge of global infectious disease epidemics- there is an increasing need for cross-sector and collaborative efforts between different fields to rapidly address challenges and introducing effective control measures. Basic research addressing pathogenicity remains key in developing effective measures, including therapeutics and vaccines. For this reason, our research aims to bring together basic virology reach, from bench to the field, in collaboration with multinational researchers from diverse disciplinary, to explore on innovative solutions against dengue and other arthropod borne diseases.
Here, we would like to engage with students on educational and research activities in the development of effective strategies against major infectious diseases of global public health threat.

PAGE TOP