教員紹介

上村 春樹 講師

専門・研究テーマ・キーワード
病原原虫学、原虫の薬剤耐性、原虫の分子疫学
担当課程
博士後期課程専任教員

取得学位・資格

薬学博士

個人/所属ウェブページ

http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/protozoology/

他所属

長崎大学・熱帯医学研究所・原虫学分野

経歴

  • 1976年 大阪大学理学部化学科卒業
  • 1982年 大阪大学大学院薬学研究科博士課程修了
  • 1982-85年 エール大学分子生物物理学生化学部 ポスドク
  • 1989-92年 ニューヨーク大学医学部 研究員
  • 1987年~ 長崎大学熱帯医学研究所 助手、講師
  • 核酸の化学合成、生化学を学んだ後に、寄生原虫の生化学的な分野で研究をしています。

教育活動

病原原虫学の講義・実習を担当

研究活動

  1. 熱帯熱マラリアに対するACTの有効性と薬剤耐性関連遺伝子の解析
    インドネシアではマラリア感染の状況が地域によって異なります。現地の研究者と一緒に、それぞれの地域でのマラリア原虫の遺伝子型の変化を調べ、薬剤耐性型原虫の出現と広がりに備えるとともに必要となる方法の開発を行っています。
  2. トランスシアリダーゼを標的としたシャーガス病治療薬の探索
    トランスシアリダーゼは、寄生性のトリパノソーマ原虫の一部にのみ検出される酵素で、シャーガス病の病原原虫Trypanosoma cruziにおいては、原虫のヒトへの感染、感染後の病態との関連が強く示唆されていますが、有効な阻害剤がなくその機能検証も困難です。有効な阻害剤を見つけて感染におけるトランスシアリダーゼの役割を明らかにし、新しいシャーガス病治療薬開発につなげたいと考えています。

現在の主な研究活動地域

インドネシア、ケニア

最近の5つの出版物

  1. Mita T., Culleton R., Takahashi N., Nakamura M., Tsukahara T., Hunja C.W., Win Z.Z., Htike W.W., Marma A.S., Dysoley L., Ndounga M., Dzodzomenyo M., Akhwale W.S., Kobayashi J., Uemura H., Kaneko A., Hombhanje F., Ferreira M.U., Björkman A., Endo H., Ohashi J. “Little Polymorphism at the K13 Propeller Locus in Worldwide Plasmodium falciparum Populations Prior to the Introduction of Artemisinin Combination Therapies.” Antimicrob Agents Chemother 60(6): 3340-3347 (2016).
  2. Hashimoto M., Morales J., Uemura H., Mikoshiba K., Nara T. “A novel method for inducing amastigote-to-trypomastigote transformation in vitro in Trypanosoma cruzi reveals the importance of inositol 1,4,5-trisphosphate receptor.” PLoS ONE 10(8): e0135726 (2015).
  3. Inoue M., Okamoto K., Uemura H., Yasuda K., Motohara Y., Morita K., Hiromura M., Reddy E.P., Fukuma T., Horikoshi N. “Identification and characterization of a cell division-regulating kinase AKB1 (associated kinase of Trypanosoma brucei 14-3-3) through proteomics study of the Tb14-3-3 binding proteins.” J Biochem 158(1): 49-60 (2015)
  4. Isozumi R., Uemura H., Kimata I., Ichinose Y., Logedi J., Omar A.D., Kaneko A. “Novel point mutations were observed in the Plasmodium falciparum K13-propeller gene of an artemisinin-resistant candidate on islands in Lake Victoria, Kenya.” Emerg Infect Dis 21(3): 490-492 (2015)
  5. Basuki S., Fitriah, Budiono, Dachlan YP, Uemura H. “Two novel mutations of pfdhps K540T and I588F, affecting sulphadoxine-pyrimethamine-resistant response in uncomplicated falciparum malaria at Banjar district, South Kalimantan Province, Indonesia.” Malaria Journal, 13:135 (2014)

メッセージ

フィールド現場で、自分自身が大切と感じたことを大事にしてください。
“Do not waste your time”:私自身が深く考えきれていない研究について相談をしていた時に指導者から言われた言葉です。自分が一番大切だと思うことを内容深く考えて研究を進めてください。

PAGE TOP