教員紹介

東城 文柄 助教

専門・研究テーマ・キーワード
地域研究、地理情報システム、統計モデリング
担当課程
博士前期課程専任教員

取得学位・資格

PhD, Area Studies

経歴

2001-2008: 京都大学 アジアアフリカ地域研究研究科(博士課程)
2008-2013: 総合地球環境研究所(研究員)
2013-2016: 東京大学医学部附属病院(特任助教)
2013-2016: JICA/SATREPS長期派遣専門家(バングラデシュ)
2016-2017: 東京大学空間情報科学研究センター(特任研究員)
2018-現在: 長崎大学(助教)

教育活動

長崎大学大学院 熱帯医学・グローバルヘルス研究科博士前期課程

研究活動

  • マレーシアにおけるエコヘルスの視点からのサルマラリア対策に資するフィールド科学(媒介蚊調査、空間疫学解析、地域研究)の統合的実践
  • スリランカにおける皮膚型リーシュマニアのサーベイランスと空間疫学的研究
  • インドネシア・中央カリマンタンにおける泥炭湿地林火災の実態と影響に関する研究
  • アフリカにおける複数NTDs流行マップ作成のための統計モデリング研究

現在の主な研究活動地域

マレーシア、バングラデシュ、スリランカ、インドネシア、ラオス、日本

最近の5つの出版物

  1. Miyazaki K, Nozaki I, Tojo B, Moji K. 2020. Assessing the feasibility of introducing an electronic health information system into Tuberculosis clinics and laboratories in Myanmar. Global Health & Medicine 2
  2. Sato S, Tojo B, Hoshi T, Lis LFM, Omar KK, Nelbon G, Kamruddin A, Saffree MJ, Moji K, Kita K. 2019. Recent Incidence of Human Malaria Caused by Plasmodium knowlesi in the Villages in Kudat Peninsula, Sabah, Malaysia: Mapping of The Infection Risk Using Remote Sensing Data International Journal of Environmental Research and Public Health 16 (2954)
  3. Hoshi T, Victor AB, Sato S, Thomas A, Tojo B, Masuda G, Kaneko S, Moji K, Jolyon M. Medlock & James GL. 2019. Field testing of a lightweight, inexpensive, and customisable 3D-printed mosquito light trap in the UK Scientific Reports 9 (11412)
  4. Takagi H, Yahathugoda TC, Tojo B, Rathnapala UL, Nagaoka F, Weerasooriya MV, Itoh M. 2019. Surveillance of Wuchereria bancrofti infection by anti-filarial IgG4 in urine among schoolchildren and molecular xenomonitoring in Sri Lanka: a post mass drug administration study. Tropical medicine and health 47(39)
  5. Rahman MA, Yahathugoda TC, Tojo B, Premaratne P, Nagaoka F, Takagi H, Kannathasan S, Murugananthan A, Weerasooriya MV, Itoh M. 2018. A surveillance system for lymphatic filariasis after its elimination in Sri Lanka. Parasitology International 68(1) 73-78

メッセージ

地域研究もグローバルヘルスも、「現場から学ぶ」ことが大事だと思います。フィールドから学ぶ醍醐味を一緒に学びましょう。

PAGE TOP