2018年9月12日から13日の二日間、長崎大学医学部サークル「長崎大学熱帯医学研究会」の難民医療問題勉強会に所属する学生が、フィリピン(マニラ)のサンラザロ病院を訪れました。サンラザロ病院には長崎大学との共同研究室があり、当時本研究科より派遣されていた教職員の指導のもと、院内の見学や講義を通して実際の現場にて熱帯医学に触れました。

研修に参加した学部生のフレッシュな視点で書かれたレポートはこちら